管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカス
2013年12月05日 (木) | 編集 |
今回はチチカステナンゴのお話です。
検討中の馬と合わせて馬券のお話なども少し。

まず、産駒の特徴をいくつか挙げておきましょう。

・瞬発力勝負に弱い→広いコースだとSS系に対抗できない
・軽い脚が使えない→東京や京都は苦手。特に東京は全くダメ。
・タフなコースだと一変する→かと言って道悪が得意とは限らない。
・非根幹距離では強い→マイルや24だと自身がこなせてもSS系には勝てない

なんだかボロクソ言ってるみたいですが、違う見方をすれば中山とか中京ならかなり信頼性の高い種牡馬でもあるのです。
この馬もようやく適性が見えてきたこともあり、この秋はだいぶ馬券で稼がせて貰えました。
大抵人気しないので美味しいんですよね。
当然荒れるには理由があります。簡単に説明できるものをいくつか挙げてみます。

・中山の前開催(東京・新潟)中は逆の適正を要求される為、大敗後のケースが多い。
・本来実力のある馬、人気しがちな馬(ディープ産とか)が能力をフルに発揮できない。
・立ち回り上手な馬や非社台系種牡馬の産駒もセットで来る。
・そもそも元のプロフィールから人気が出ない。ようは地味血統が多い。

中山開催はあと一ヵ月半ありますから、上手に付き合っていきたいですね。
栗山先生も仰ってましたが、中山18~22なら黙って買いです。上手く買えばそれだけで儲かりますw
中京も良いけど、今はチチカス戦法が熱いです^^
※今週のダイワブレイディとか面白そうですが、前回好走しちゃったのが逆に困りものなんですよね~(^∀^;)

さてさて、それでは出資検討中のお馬さんを一頭ご紹介。

ad.jpg

アーデルハイトの12です。
お母さんは脚を痛めて未勝利引退となりましたが、無事ならそこそこ活躍できた馬だと思っています。
とにかくケツに幅があって、牝馬にしては邪魔になるんじゃないかってくらいのボリュームを持った馬だったんですが、12も幅のあるお尻をしています。良くも悪くも母に似たタイプの競走馬といえます。

母父タキオンというのはおそらくニックスです。母の特徴を考えると、サーゲイロードのクロスで柔らかい切れを補強出来ているのもグッド。ナスキロ分を強化させるのが成功パターンのようですし、配合の面ではこれ以上ないってくらいチチカスの相手として理想的かもしれません。

では実際問題出資するかと問われれば、今はNOです。
今後方針が変わるかもしれませんが現時点では見送りの予定。
冒頭での産駒傾向から考えるに活躍の場がフラワーC、紫苑S、中山牝馬S、愛知杯くらいしか想像出来ないんです。それだと自分の願望的に少し厳しい^^;

僕は一部例外を除けば最低でも『どんな形であったとしても重賞制覇できる』事を期待して出資をしています。高いお金と時間を使っています。
不安の大きな脚元からして、現実的に狙えそうなのはフラワーCのみ。
フラワーCの為だけにお金を払う気にはなれません。

※昨日のラブカーナもですがわざわざ取り上げたのは決して否定する為ではなく、寧ろ本気で検討しているが故、という事だけはご理解下さい。

後はキャロで既に同父のリンガフランカを持っているから、という事情もあります。
(下位指名となると、これも結構抵抗あるんですよ)
血統はシルク。馬体のキャロ。と使い分けするのも面白そうなんだけどね^^;

可能性があるとすれば、他の候補に致命的欠陥が見つかった場合や、今後の情報更新で奇跡的な良化を遂げた時…ですかね。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ぽんたさんへ
長旅お疲れ様です。
今回も面白いお話をありがとうございます^^

確かに、馬って結構顔に出るんですよね。良く見た目で判断するなとは言いますが、白目剥いて血走ってるけど大人しい…なんて子は見たことないですし笑、凛々しくて賢そうな表情の馬は実戦にいっても吸収力あったりするんですよね。
そういえばノヴェリストは現役時代から精神的にも優れている印象でした。成る程という感じです^^

チチカスは育成のノウハウも確立してきたのでしょうね。トレーナーも苦手分野は避けているように思いますし。
ただ仰る通り、初年度はそれがあるから怖いんですよ。僕が敬遠するのも一番はそれが理由で、逆に二年目は積極的に狙ったり調べたりしてるんです。実際出資しちゃってますしね笑。

やはり助手さんの存在って大きいのだな、と痛感させられますね。
あの人も腕は悪くないんですけどチーム全体としての力が若干落ちてる感は否めません。全盛期を知ってるだけに頑張って欲しいですが…。
せめてウチの馬は上手に育ててやってくれと思います^^;
しがらきについては皆さんそう仰いますね。天栄も坂路改修する等して工夫していますし、信頼度という点ではやはりバッテンなんでしょうか。シマシマも配合とか繁殖セールを上手にやればもっと期待できそうなんですけど、なかなか噛み合わない感じですね。
チチカスに力入れ過ぎましたかね笑。

そうそう、お礼という訳ではありませんが、以前からお話していた某牧場の隠し玉について少しお伝えしちゃいます。上は初仔を除いて全てバッテンで募集されている馬です。
エンパイアメーカーとか色々言ってみたものの、やはり現時点ではその馬が大本命になりそうです。
当歳の時点でこれほど惹かれたのは初めての体験です。もし見る機会がありましたら、きっと目の保養になると思いますよ^^

最後に明日のセルですが…全くその通りでポテンシャルだけで良いからとにかく勝ち上がって欲しい。と言いますか、今はそこだけしか強調できる要素がないと言いますか^^;
二週目というのがまだ救いですが、開催が進むに連れて不利になっていくと思われるので、今後の為を考えるとここで決めておきたいですね。
枠は良い所なので、新馬の時と同じ杭を踏まぬ様、工夫して臨んで欲しいものです。
2013/12/06(金) 21:10:13 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。