管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加募集
2013年12月17日 (火) | 編集 |
昨日、海外セール出身馬三頭が追加募集にかけられるとシルクから発表されました。
ざっと馬体や配合に目を通しまして、検討しても良いかな…と感じたのはヘンリーザナヴィゲイター産駒の牡馬・グロリフィカムスの12。この馬だけは個別に取り上げます。

ただいま外泊中で今日は一日フリーだったので、グロリフィカムスの分析を頑張ることに。
まず配合面。
キングマンボ系種牡馬に母系グリーンデザート+アホヌーラ。
どこかで見た組み合わせだと思ったら、シャドウパーティーと似ていたんですね。
堀厩舎に行くのもこの辺りが関係しているのかもしれません。
サドラー+デインヒルですから欧州でおなじみのニックスですね。

ヘンリー+グリーンDの組み合わせからはフェニックスSの覇者スディルマンが誕生しています。
既に成功例があるという事実は一見心強いのですが、スディルマンの勝った重賞は確か少頭数の上、二着は同じ馬だったはずです。
G1制覇の後もGIを連戦しますが2着と5着。この二着もたいしてレースレベルは高くなさそうでしたし、頭数が揃ったレースでは掲示板がやっとな訳ですから、言葉は悪いですがフェニックスSはG1とは名ばかりのレースであった可能性を否定できません。
僕としては日本でいう所のマーブルカテドラルか、それより少し落ちるくらいの馬。という位置付けで考えています。

次に馬体。
見た感じ率直に言うと、特別秀でている箇所はないものの、全体的に良い造りの馬。それでいて悪いところはほぼ皆無。
血統が血統ならOPまでいってもなんら不思議のない馬体です。

肉質は柔らかくはないが、動き自体は滑らか。東京(安田記念以降の開催ならむしろ合いそう)や京都でなければ日本の芝でも十分戦えるはず。ベストは中山のマイル戦かなと思っていますが…。
いかにもパワー型マイラーといった印象ですね。
欧州版キンカメ産と言えば伝わりやすいでしょうか。
近いイメージだとシャドウパーティーじゃなくてゴーハンティングですかね。
(馬体のポテンシャルではシャドパより一枚半落ちると思います)

肉質には自分なりのライン引きがあるのですが、その線引きでこの馬と同等かそれより下の肉質で強い(強そう)馬はトレクァルティスタ、ピオネロ、デリッツァリモーネが該当し、近いタイプでフィフスペトル、アスコルティがいました。
こうして見るとキングマンボ率高いんですよね。しかもアスコルティは母リッスンだしめっちゃ近親やんけ笑。
ってことは肉質はこれで大丈夫だろうと判断します。

懸念材料は母親のポテンシャルです。
半姉ファスナクロイッヒは二勝を挙げていますが、その内訳は未勝利戦と(低レベルな方の)アローワンス戦(芝マイル)を勝っただけです。
調べた所Starter Allowanceとの事で、確かこれはレース自体が競売を兼ねているものだったと記憶しています。
つまり馬主にとってもさほど期待の大きい馬ではなかった、と考えられます。
一族の代表馬はミスティコ(Lyciusに勝ったことあります)とパスタポストなのですが、彼らもG1勝ちがあるとは言え、成績上はさほど強い印象はありませんね。

トータル的に見て、馬体・配合・厩舎は良い。
しかし、一族のポテンシャルに大きな疑問符が付く。
馬体だけで通用する1000万くらいまでは高確率で行けそうだが、それ以上の大活躍となるとどうか?
良くも悪くもサウンドワールドの近親。

という結論になりました。


個人的に一度ヘンリー産駒を持ってみたいというミーハー心を抱えていますので、思わぬ臨時収入があった場合にはポチっちゃうかもしれませんけどね!

実際に買うならスディルマンの復帰戦を確認し、この配合の成長力や代表馬の馬体をチェックした後にポチるのが理想的なのではないかと。
それまでに満口になってしまうのなら、僕は諦めます。

それにまだ三月のセールが残ってますし、追加募集がこれで終了とも限りません。
アメリカのセールならへニーヒューズやディス猫だって可能性がある訳ですから…。
いずれにしても、もう少し時間が欲しい所です。

以上、有意義な休日の過ごし方でした笑。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。