管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他クラブ診断2013・続
2013年12月27日 (金) | 編集 |
今回は残りのクラブ分をまとめてご紹介します。
日高はへニーヒューズや良質ヨハネスブルグの産駒が出てくる15年産以降が狙い目だと思ってます。
それまでに僕もG1勝ちたいですねー。


チナンデガ…グリーンFからはこの馬です。一番高い馬ですし、この価格なら本家がもっと良い馬売ってくれるんですが、グリーンの中で一番可能性を感じたのはこの馬です。
グリーンは今回動画を見ていないので、動きや筋肉の質はわからないのですけど、造りの良さでは本馬が一番です。
そりゃ一頭だけ飛び抜けて高いのだから当然と言われればそれまでなんですけど^^;

サクセスビスケット…ノルマンディー代表はこの馬。こないだ話したエンパイアメーカー牝馬ですね。
とても稼動域が広くて踏み込みや飛節の伸びが目に付きます。繋ぎも柔軟で馬体からは芝適性の高さを感じさせます。
この血統ですから実際はどう出るかわかりませんけれど、仮にダートだとしても500キロ近くまで成長する筈なので、力負けすることもないと思います。

キョウエイトルース…40口の方からも一頭。フレンチ×フジキセキの定番ニックスですね。
馬体も堅実性の高さを感じさせますし、配合・馬体と両方の観点から安心して見られる馬だと思います。
逆にこういう馬で結果を残せないようだと、クラブの信用も落ちていきます。
このクラブが掲げる方針的にも、重要な指標となる存在ではないかと。

シルクハリウッド…シルクの冠名ですけど違う青のロードです。
また、いつぞやの同父プレミアムブルーと比べると落ちますが、こちらの青も値段と比較すると面白そうです。
どこが優れているというのは説明しづらいのですが、全体的に平均値以上と言いますか、確実性の高さを感じます。
母親のポテンシャル次第ではお買い得の一頭かもしれません。

レディキルシェ…これはジャンポケの走る馬体に合致していると思います。
背たれでもないし、そのほか弱さを感じる箇所も少ないように映りました。
ジャンポケ産駒でこのシルエットですと、多分芝の中距離向きなので肉質が少し惜しいですが…。そこさえ良かったら確実に出資対象となる馬です。
重賞級の期待とまではいかなくとも、出資金を回収する位の活躍は高確率で期待できるので今年のロード代表に指名します。

高額馬の中から一頭選ぶとすれば、やはりレディブラッサムということになるのですが、この母の代表産駒は既に出ていますし、どうしても今更感が拭い切れないんですよね。
他の高額馬も同様で、もう一押しに欠ける印象が強いものですから、それならば安価の馬達に目がいってしまうというもの。
少数精鋭のロードですが、ここ二年間はどうも食指が動かなかったですね。

ユニオンは注目馬が共に満口(シガトカフィールソーナイス)だったので今回はパス。
特にフィールはキャロのダークサファイアと並ぶキンシャサ産駒の代表格と映っただけに…。
やはり皆さん見ている所は見てらっしゃるのですね^^;

残るクラブは東サラなのですが、ここも今年は興味が湧いてきません。少なくとも馬体の観点からは。
また春頃に海外セール落札馬が追加で募集されるでしょうから、その中に面白そうな馬が見つかれば、改めて偵察に行ってきたいと思います。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ティアさん、こんばんわ!
いつも楽しくブログを読ませていただいています。

今回、ノルマンディーに入会しようと思ってるんですが、サクセスビスケットの稼働域はやっぱり広いですよね!

トーセンフォーユーとサクセスで悩みそうです。
牧雄氏はトーセンフォーユー推しみたいです
2013/12/28(土) 00:23:11 | URL | にんじん #-[ 編集]
にんじんさんへ
はじめまして、にんじんさん。
いつもお立ち寄り下さっているとの事で、ありがとうございます。
見ての通りしょうもない事ばかり書いてるブログですが、今後とも何卒よろしくお願い致します^^;

牧雄さんはトーセン推しなのですね!
この馬も広く動かせていますね。伸びしろ次第では面白そうです。
言ってしまえばどれも一長一短ありますし、春頃に一変しそうな子が多いので、その時良く見える馬に行くのも手かもしれませんね。

外野で見ている分には楽しいのですが、いざ出資する身となるとさぞかし不安かと思います。
僕なんかはあくまで社台系の走る馬を探せば良いのですが、ノルマンディーの場合どんな馬が育成とマッチするのかまだ見えない部分もありますしね…。
本家のラフィアンを見ていても、馬の良し悪し以上に育成先との相性が重要なんだな、と思い知らされる事が多々あるんですよね^^;
2013/12/31(火) 00:39:22 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。