管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終決戦
2014年05月30日 (金) | 編集 |
いよいよ日本ダービーです。
全てのホースマンが夢見る生涯一度の大舞台に、今年は愛馬ワールドインパクトが出走します。
あれから五年、早いものです。

出るだけでも光栄なレース。それが東京優駿。
しかし、勝てないと分かる勝負事ほどつまらないものはありません。
当時と違い、本当にチャンスのある馬で挑戦できることが嬉しいですね。

今週は食事も喉が通らないような日々でした。
その間も研究に研究を重ね、妄想を膨らませ、当日を最高の精神状態で迎えるべく自分なりに準備を整えてきたつもりです。
またこの場所に連れて来てくれた愛馬、そして全ての関係者様方に感謝すると同時に、出来る限りの声援を送りたいと思います。

一つだけ心残りなのは、前走の青葉賞。勝って堂々と名乗りを挙げたかったのですが…。
出たくても出られなかった者達の気持ちを思えば、それは贅沢な話なのかもしれません。
この最高の舞台を最大限楽しみ、悔いのない結果を残したい。
それが偽らざる今の本心です。


さて、この一週間の研究成果をUPしようかな、とも考えたのですが、もう多くの言葉は不要ですからね。
人事を尽くして天命を待つ、と。

それに、当日の馬場状態や逃げ馬の出方によって、どうにでも変わってしまう。皆目検討もつかないのですわ^^;
いずれにせよ必要以上の距離ロスは防ぎたい所ですが、過去のレース振りから察するに大外枠自体はプラスなんですよね。
今年は数年前のよう極端な内有利・前有利の馬場でもないし、Cコース替わりだからと言っても単純にそうなるとは限りません。
結局、一概に言えないのです。

ひとまずは土曜のレースがヒントになる事でしょうが、どんな状態であれ、それに応じた柔軟な対応ができる器用な馬なので、見せ場無く惨敗するような真似はしないと思っています。

ワーパク以上に切れる脚使える馬は距離や状態に疑問が残る。
その他有力どころも舞台適正や本質上、ワーパクより見劣る部分がある。
しかしワーパク自身も馬体の完成度が低すぎる上、距離ロスの危険度が他馬より高いのは事実。
これもやはり、一長一短という訳です。

考えることを放棄した訳ではなのですが…どの馬にもチャンスがある、そんなレースだと思います。お仲間さんとも今回ばかりは敵同士ですが、お互い気持ちの良い勝負が出来ることを願っています。

それではGOODLUCK!!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。