管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬場開放
2014年07月03日 (木) | 編集 |
先週日曜の東京開催。最終レース後に馬場開放イベントが行われました。
毎年実施しているのでご存知の方も多いのではないかと思います。
今年は機会があって僕も参加して参りました。

そして気がつきました。
土日の違いこそあれ、ブライトエンブレムが通ったコースは非常に良い馬場状態であったこと。
次に最内と、そこから二頭分くらいの所でしょうか。
一番ボコボコしていたのはアルフレードやゴールデンナンバーが走っていたところですね。ここは雨が降ると余計大変だろうと感じました。
実際どれほど着差に影響したのかは解りませんけれど、あの新馬戦の内容は楽観的になっちゃいけないな、と思いました。

後半はだんだんと雨脚が強くなってきて、雨を含んだ際のダートの変化をより具体的に知る事ができました。
口で説明するのは難しいのですが、例えるなら良馬場のダートは砂場。海辺や公園の砂場のイメージで良いかもしれません。
これが水分を含むと適度に脚抜きの良い状態となり、更に大勢の人(馬)が歩き回っていると、踏み固められて『土』のような馬場に変化します。

砂は掻き込むように。前腕の力が必要となりますが(グレイスフルリープ型)、土の状態はある程度クッションの効くタイプ(ブロードソード型)の方が走りやすいでしょうね。水が浮く様な不良馬場になるとまた変わってくるのでしょうが…。

こいつは当たり前の事を何熱心に語っているんだ?と思われるかもしれませんが、実体験した事で脳内のイメージがより具体的なものへと変わりまして、これは今後の馬券勝負やオーナーライフに活かせる部分も多いんじゃないかなーと。
そんな確信めいた手応えを掴めた訳です、ハイ^^;
なので是非、皆さんも一度実体験されてみる事をオススメしますよ!

……とまぁ、今日はそんなたわいの無いお話でした笑。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
第一希望のレースウイングは落選で、ジェシカに決まりました!
安いけど良い馬だと思います。
ティアさんはアルメーリヒぎりぎり行けたのではないですか?
2014/07/04(金) 17:24:09 | URL | ヤエノムテキ #sSHoJftA[ 編集]
ヤエノムテキさんへ
おめでとうございます!と言って良いものか悩ましい所ですが、お互いに獲得できて良かったですね!
仰るとおりジェシカ。個人的にワイルドラッシュに苦手意識があるため、話題に挙げる機会はありませんでしたが、好馬体だと思います。低額帯では尚の事良さが目立ちますね。

僕の方は実績かラッキーNOか。情報通の友人によるとラッキーは「6」らしいのですが、それだと違うんですよね。
おそらく小当たりのラッキーナンバーでしょうが、もしかすると高実績の方々が10人の枠に入った事でボーダーが下がったのかもしれません。どちらにせよ幸運だったと思います^^
2014/07/05(土) 01:00:21 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。