管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレクト等など
2014年07月11日 (金) | 編集 |
アルメーリヒや番外編の前に、セレクトセールと残口アリの馬について簡単に触れておきます。
今年もセレクト上場馬の中から数頭はクラブに回ってくるハズ。

去年のキャロとシルクは率先してノーザンの残飯処理係を務めてくれました。
これ以上の表現は慎みますが、もしノーザンFから直々に命じられているならまだしも、頼まれてもないのにあんな服従姿勢を取っていたのだとしたら滑稽ですね。
あんな事をしても待遇は変わらないでしょう。アルメーリヒが良い手本です。

ジェベルやルミナスの年くらいセンスある買い物をしてくれれば何も文句はないのですが、他の牧場からも良駒を引き込めるチャンスだというのにみすみすその機会を逃すような真似はやめて頂きたいのです。せっかくの機会に去年のような金の使い方ではすごく勿体無いと思う。
どうせならディープの良血馬を連れてくるとか、個人馬主に喧嘩売ってでも出来の良い馬を競り落とす位の気概を見せて欲しいものですね。

しかし、巷で言われるほどセレクトって良駒揃いなんでしょうか?
人それぞれ見るポイントや重要事項は異なりますが、少なくとも僕には特別優れているようには映りませんでしたよ。
もちろん、あれだけ揃えば中には良い馬も居るでしょうが…。

個人的にはワシントンシティ、アシュレイリバーが特に気になります。
後ろ姿で若干減点もスターアイル。ニックス配合であろうギンザフローラル。いつ大物が出ても不思議じゃないエルダンジュ、ヴァーミリアン産駒のセメイユドゥヴォン。
ムーンリットレイク以来の肉質の良さを感じるキャロでもおなじみムーンライトダンス。穴ではマクシマールなんかも面白そう。
この辺りが落札されて回って来たら出資対象になるんですけどねー(・∀・)

キャロやシルクが不発ならもう一頭40口という選択肢もあるんですが、センシュアルドレス、クリームオンリー、シングライクバードといった辺りは結構良く見えますし悩みますね。この辺は一長一短あるのですが、様子見さえ可能なら疑問も解決できると見ています。
本当ならオーゾラヲマウトキが1,5次以降の有力株だったんですが、ああいう馬も今は売れちゃうんですよねぇ…。

高額帯は基本スルー。
スティンガーにディーバ、アドアードやスカヤもみんな見所はあるけど、実際に買うとなると別問題。
総額6000万以上に手を出す場合は確固たる自信を持った上で突撃したいのです。

そういえば、クラブ募集なら250万でも申し込みたいと思っていたリリーオブザヴァレーの14がいつの間にか欠場扱いになっていました。この馬についてはいずれ牧場で詳細を確認する必要がありますね。
大きな問題でなければ、来年はセレクトじゃなくてクラブに回して欲しいのですが…^^;





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
シングライクバードは私も気になってました。牝馬の方が走る血統で、母も父シンクリで5勝ですからね。牝馬が走らないネオユニで嫌われているのでしょうか?
クリームも雄大な馬体がよいですよね!

とりあえず明日は電話ですね、まず。繋がるかどうかはさておき笑
2014/07/11(金) 15:24:39 | URL | ヤエノムテキ #9fn0MV6o[ 編集]
ヤエノムテキさんへ
お返事遅くなって申し訳ありません。
シング速攻で売り切れましたね(^_^;)
ネオ牝馬が牡馬ほど走らないのは牝馬特有の切れや軽いスピード能力に欠ける故だと見ています。
なので、牝馬同士でもタフな条件下なら面白い。というのがシング13の見立てなのですが、アルメーリヒとキャラが被りそうなので候補としては早期で脱落でした笑。
でも馬体は良いのでやはり皆さん放ってはおかないですね(^_^ゞ
個人的にはハーツ牡馬で買いたい繁殖です。

めぼしい所は大体売れてしまったので、余裕が出来た場合のみG1考えるかなぁ…という感じですかね。
2014/07/14(月) 21:16:51 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。