管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルメーリヒの13診断・配合編
2014年08月08日 (金) | 編集 |
久しぶりの更新もアルメーリヒの13ネタです。
この話題いつまで引っ張るつもりだと苦情が聞こえて来そうですが、最後ですのでもう少しだけお付き合い下さい笑。

ドラフト期間中、ハービンジャー産駒は殆どデビューしていなかったのですが、以前に現役時代の成績や自身の馬体から阪神の後半開催や洋芝がベストではないか?といった予想を書かせて頂いたかと思います。
その中でもサンデー系、近い位置にヘイローのクロス+それに類する血を併せ持つ馬は小回りコースにも対応可能。というのが現在の見解です。
アルメーリヒはネオユニ牝馬ですから必然的にヘイローのクロスが形成されますね。

ハービンジャーもアルメーリヒも晩成寄りのステイヤータイプです。
こういった組み合わせから産まれた牝馬ですから、少しでもスピード成分を補強しておきたい所でした。
ハービンジャーの血統表を見て真っ先に目に付くスピード血統はデインヒルですが、ここを刺激するとフェアトライアル的な硬さが出過ぎて日本の高速馬場に順応できません。これはあくまで欧州向きのスピードであると見ています。
例えば同じ欧州馬のバゴも代表産駒の殆どが母方にフェアトライアルを持たないのです。
何も完全同一視する訳ではないのですが、タイプ的には大体一緒だと思っています。

ハービンの場合、最も手っ取り早いスピード強化方法は『ミスプロ』でしょうか。しかし本馬はその血を持ちません。
代わりに着目したのはアルメーリヒが三本持っている『テューダーミンストレル』です。
ギャロップレーサーやG1ジョッキーのヘビーユーザーには馴染みがある名前かもしれませんね笑。

この血はディープインパクトとも相性の良い血ですが、ディープの場合はパワーや硬さが必要になるためヌレイエフやサドラーといったフェアトライアル要素とセットにする事でより強い効力を発揮します。
テューダー自体はフェアトライアルを持っておりませんから、硬さを前面に出したくないハービンジャーにとっては寧ろ単体の方が好都合なハズ。

アルメーリヒ13の場合ですとテューダーミンストレルの9・8・8・9。
影響力もたかが知れているのですが、母方に三本も入っているのなら隠し味程度には機能してくれるかもしれない。
そんな都合の良い仮説を立てた上での期待です。

ちなみにこないだ新馬を勝ったジャズファンクはアルメーリヒ13と同様にヘイローのクロスと母方がフェアトライアルを二本持っています。

アルメーリヒの13→サンデー系+ダンブレ+テューダー
ジャズファンク→サンデー系+カーリアン+フォルリ
スワーヴジョージ→サンデー系+テューダー+ヌレイエフ(フォルリ)

同じフェアトライアル二本でもジャズファンクはスピード馬のフォルリ経由。祖母がシンコウラブリイだったりニジンスキーのクロスがあったり、向こうの方が若干ポイントが高い気もしますが、もう一頭の勝ち馬スワーヴジョージもサーペンアップ経由でテューダー持ちですからね(ヌレイエフもあるけどw)。

※同じストライド型のディープがフォルリと好相性ですから、もしかするとハービンにとってもプラスに働く何らかの理由があるのかも(^^;)?

しかし最も重要なのはやはりサーアイヴァーで、基本的にはそれプラスサンデー系andカーリアンってな具合にしなやかさをUPさせる方向で良いのではないでしょうか。

その意味ではアルメーリヒだって悪くないですし、少なくとも北海道適性は高いんじゃないかなーと思います(・∀・)
仮にスピードが足りなけりゃ中京の愛知杯とか中山牝馬狙えば良いのですよ笑。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
ご報告が遅くなりましたが、正式に本家の会員になることができました。今回はまさにビギナーズラックで…リビアーモ13の抽選突破!!ジェシカ13と2頭への出資が決まりました。これからの楽しみが増えて、嬉しい限りです。ちなみにラッキーナンバー!?というのは…会員番号の末尾の数字の抽選なのでしょうか!?私は6ですけど。また、色々と教えて下さい。今週はキャロの出資馬3頭(グリューヴァイン・スタートレイル・ファドーグ)が出走します。
2014/08/08(金) 01:35:34 | URL | ヨージ #iEy5E982[ 編集]
血統はただのイメージと記憶でしか買っていないので、私にはここまでは考えられません(-"-)そのうち勉強しないといけないですね…。
ここにきてハービンジャー産駒も勝ち上がり始めました。産駒の中でもとりわけ良血で、不安のなさそうな洋芝での勝ち上がりとはいえ、結果を出すことは大事ですからね。これからも活躍してくれることを期待したいですね。

夏真っ盛りで嫌になりますが、北海道だけは別。急遽珍しく北海道の仕事が入ったので、ついでに牧場見学と札幌競馬参戦を叶えてきます。いま考えているのはどこの寿司屋で食べるかです♪

3歳馬の動向が報道、アップされてきて秋競馬の足音が聞こえてきましたが、菊トライアルは東西ハードですね。2週連続でチャレンジすることになると思いますが、まずは新潟でネオがワールドの胸を借りるので宜しくです^^しかし池江厩舎は良い馬が集まり過ぎる弊害が相変わらず出ているし、あの厩舎には出資したいとは思えませんね(-"-)
2014/08/11(月) 12:55:47 | URL | ぽんた #-[ 編集]
ヨージさんへ
改めておめでとうございます!
素晴らしいドラフトになりましたね^^
1つ上も勝ちましたしリビアーモのポテンシャルはかなり高そうです。シンクリ牡馬のニックス配合ですからこれは本当に楽しみですよ。

ラッキーNo.は仰るように下一桁、今年の場合は6ということになります。2年連続同じ番号になったりもしますし、順番ではなく完全にランダムです。
その他、第2ラッキーNo.なるものも存在するらしく、ラッキーNo.だけで10人が埋まらなかった際に適用されるそうです。
僕もあまり詳しくはないのですが、本家でも宜しくお願いします(*^^*ゞ
2014/08/12(火) 11:58:14 | URL | ティア  #-[ 編集]
ぽんたさんへ
僕なんかは一口馬主の為だけに勉強しているようなもので中途半端も良い所なんですがね(^∀^;)
ただワーパクはその甲斐あって掴むことができましたので確率を高める為の有効な手段と思っています。一方で自分は空振りすることも多かったので、今年からは全体的な総合力を考えて出資するよう心掛けるつもりです。

ハービンジャーは根本的に好馬体の馬が多いので、下級条件であれば元のポテンシャルだけで通用してしまうようです。大物を出すという意味では、やはり東京や京都の高速馬場に対応出来るかどうかでしょう。
それでも、以前のチチカスやシンクリを考えると自分のフィールドできっちり結果を残しているのは立派ですよね。

一足お早い北海道遠征ですね(^^)
僕は札幌近辺ですと、すし善さん(本店)、ひでたかさん、鮨金さん、そして空港内の回転寿司にお世話になりまして、高級店の上三つはともかく、回る寿司でもレベルが高くて笑えました。ネタ次第だからなのか多少ムラがあったりもするんですけど、それでも美味しいんですよね(^_^;)
社台ツアーの時は市場で食べた八角がgoodでした( ・∀・)
北海道の味に慣れると関東で海鮮を食べれなくなるのが問題ですねw

セントライトはお互いチャレンジャーですね。頑張って貰いましょう!
しかし、菊花賞出ないなら最初から毎日王冠行けよと愚痴りたい気分です( ´△`;)
2014/08/12(火) 12:54:01 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。