管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャロツアー2014・前編
2014年09月08日 (月) | 編集 |
ツアーに参加させて頂くのはかれこれ7回目になります。
他のクラブと合わせると二桁超えるのでもう以前のようなワクワクカンヲ味わうことは無くなってしまったものの、やはり間近で馬を眺めるのは良いものですね。
いつの間にか苦手な海鮮丼も姿を消しましたし笑。

今回のツアーレポートは箇条書き方式で要点だけをまとめたものとなります。
怠慢プレーと思われるかもしれませんが、それが今年の募集馬に対する熱意の程度と捉えて頂いて結構。
こういった年は予算を抑えつつ、その中で良駒を発掘できれば十分かなと考える次第です。

それでは順不同でUPしてまいります。

バイラオーラ…欠点らしい欠点は見当たらず、初子としてはまずまずの出来に映りました。
シンクリらしい丈夫そうな馬体をしておりましたね。ただこれに出資するならジャッカスバーグにも出資していないと自分の中で説明がつかないですね。

マクダヴィア…パッと見では良い造りですし、立ち姿だけなら出資候補と成り得る馬ですが…。
動かしてもらうとすぐ左前への負担が心配になりました。このお値段なのは要はそういう事で、あとで壊れても文句は言わないでね…って事なんでしょう。リスクと長所。どちらを重視するかですね。

リーサルヒート…母父には注目しています。が、実馬は母父なのか母なのかステゴなのか、色々ブレンドされて何がなんだか良く解らない味になってしまった印象です。馬の癖なのか、必要以上に繋ぎが立つ姿勢になることがあります。それがレースや調教の際、問題とならなければ良いのですが…。
トモの形は良いので素直にダート馬付けるか、サンデー系でもゴルアとかハーツの方が合いそうな気がします。

キッズトゥデイ…当初見る予定は無かったのですが、形が良く見えたのでちょっと確認することに。
なんか終始逃げられてたんですけどオレ嫌われるような事したっけ(^^;)?
怖がりなのか、人気が無くて単にまだ人慣れしていないのか…。
まぁ、未勝利で終わるような馬体ではなく、人気の盲点かもしれませんが、ダメジャーならこのレベルは他に沢山いますのでねー。無理して手を出すほどでは…。

シャンスイ…造りは良いけど体高が低い。動かすと少し評価が落ちる。昨年の産駒にも言えましたが、この母の産駒にはそんな傾向がありそうです。一度大柄なダート馬との配合を見てみたいですね。

スキッフル…フラガラッハをはじめ、僕はスキッフル産駒の出来に対して一度たりとて関心した事がありません。
これはもう完全に好みの問題であって、それがスキッフルと僕の相性って事なのだと思います。
ただ、その中で比較的納得のいく造りをしてますし、牧場スタッフの評価も上々のようです。手術の後遺症らしきものは感じませんでしたが、それとは関係なく本格化には少し時間を要するタイプのような印象を受けますね。

シーザリオ…初子よりはマシでしょうけれど、丈夫とは言い難い。キンカメに拘る理由ってなんなんでしょう。
何らかの確信があるのでしょうか?
肩周りの発達とトモの迫力は確かに目を見張るものがありますが、それだけでは木を見て森を見ずという事に。
道悪や洋芝では相当強そうですけども、この値段に見合うかというと…というのが正直な感想です。

ジュモー…なんか美味しそうな名前ですよねw
実馬はDVDほどムチムチのぱっつんぱっつんではありませんでしたが、まぁスワーヴジョージのイメージで良いのではないでしょうか?

ガヴィオラ…時間配分上見ることができなかったんですけども、自分が『出資しない』と決めている中で一番自信があるのはこの馬です。値段は半分くらいですが、コメットシーカーよりポテンシャル高いかも。配合的にも合っていると思います。
長打は出ずとも打率は毎年三割超え。みたいな選手かと。

モンローブロンド…フェアトライアル色の濃さを懸念していたのですが、実馬からは必要以上の硬さは感じられませんでしたね。現状トモがまだ弱いので今後の課題でしょうか。
付け加えるならヒザの骨量ももう少し欲しかった。他の馬以上に使い方や育成に気を使うべきかと。
個人的には大竹先生に預かって貰いたかったのですけど、あまり数を使って欲しくない。時間を掛けて勝てる状態になってから実戦に向かって欲しい。と思っているので、そういう意味ではハギーとも手は合うのかもしれません。
ベストは中京のマイル戦辺りでしょうか。

リッチダンサー…ホーカーテンペスト以来、久しぶりに欲しいと思える産駒が出てきました。
骨格や肉質が良く、ホークウイングからムーンに替わって良い意味で軽さを感じさせますね。
それでいて必要分のパワーも備わっており、非常にアベレージ性の高い一頭ではないかと思います。
ムーンはサドラーと相性良好なので、フェアリーキングとの組み合わせも普通に考えれば悪いはずもなく、ミスプロ+ニジンスキーのニックスに加えてダイイシス×クリスの3・4など面白そうな仕掛けも見られます。
兄以上のマイラーとして成功する可能性は十分にあると見ています。

イグジビットワン…当初思い描いていた通りの印象。高速馬場では厳しいかもしれないのと、モノになるまで少し時間を必要とするタイプだと見ています。硬くは無いですが緩さを感じますね。
ポテンシャルが高く、すぐに勝ち上がれるようであれば、長く楽しませてくれる馬になりそうです。

マイティースルー…少し踏み込みが浅い気もしますがダート馬ですしね。他に馬体でケチがつくような所はなさそう。大きさに関してはそれ自体よりも全体のバランスの方が重要だと思っています。その点において自分は全く心配していません。
配合はハーツの方が好きですが、馬体は比較にならないと思っています。
マイティーも良い子を輩出しましたね。人気しているというのも頷けます。

ミスエアクラフト…これも良い馬体。低価格帯の中では上位の評価を与えたい所です。
短い所に限られるでしょうけれど、血統イメージとは異なり柔軟性に富んだ肉質と滑らかな動きをする馬でしたね。
後に紹介するブロードアピールや昨年のダークサファイアといい、キャロットに回ってくるキンシャサ産駒はなかなかハイレベルですね。


ひとまずはここまで。
後ほど、遅くとも明日中には後編もUPします。




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おそらく近いうちに記事が上がるとは思うのですが・・・
ブライトエンブレムおめでとうございます\(^o^)/
札幌であんな勝ち方をするとは強すぎます!!

さてキャロですが、木曜日のツアーに参加し酷い目にあってきました。
×なしなので元々戦い方が制限されますし、狙ってる馬は続々とランクインしてくるしで、
ひょっとしたら1頭も取れないかもしれません(^^;

この中だとモンローブロンドとミスエアクラフトを狙ってますが、
モンローブロンドみたいな馬は出来るだけ様子見したいんですよね。
ステラストリームでハギーさんにお世話になってますが1次から行くことに躊躇してます。
もうシルクに集中しようかなぁ。。。

後編も期待してます。
2014/09/08(月) 19:55:58 | URL | ちゃらこ #-[ 編集]
ちゃらこさんへ
お祝いのお言葉ありがとうございます^^
ブレイク以来、久しぶりに重賞の口取りに参加することも出来ました。
もうあの感覚忘れちゃいそうでしたよ笑。

しかしキャロの申し込み状況と来たら酷いですね。
馴染みのあるスキッフルやマイティーはまだしも、ムービングやジュモーのような馬が一次で即満とは…流石に呆れ果てています。
坂路動画を見てプルーヴダモールを買えるのがシルク。
見る前にグレイトグレイスを買わなきゃいけないのがキャロです。
心移りするのは至極当然の発想ではないかと。

なんせあちらはブライトが年末まで残っているようなクラブですから笑。
実績制導入&会員増と言えど、まだまだ良心的だと思います。

それに、今年はだいぶ向こうに流れているでしょうからね。
もしシルクまでもが不作なら、今世代のノーザンはバッテンの一人勝ち確定です。
2014/09/08(月) 23:32:30 | URL | ティア  #-[ 編集]
ティアさん、ご無沙汰しております。
この度はブライトエンブレムの重賞制覇おめでとうございます^^
これは来年のクラシックが楽しみですね。
それとセルバンテスの勝ち上がりも見事でした~。

さて、今年のキャロですが、自分は×持ちだったんで最優先リッチ、一般ササファイヤーでいきましたが、二頭ともティアさんと同じような見解でした^^

ランクインした馬の中でも様子見したかった馬がいたんですけど、様子見出来ず・・・。
それと全体的に買いたい馬(買える馬?)が少ない印象という事も併せて今後の事も考えなきゃ・・・。

という事で、シルクのパンフ請求しておきました(笑)。
プルーヴダモール、出資するつもりだったんですけどね~^^;

ではまた寄らせていただきます♪
2014/09/12(金) 14:55:10 | URL | ベル #qRmxrnGo[ 編集]
ベルさんへ
ベルさん、お久しぶりです!
ハープスターにはまだ遠く及びませんが、良く頑張ってくれたと思います。
とりあえず二年連続クラシックに参戦できそうなのは嬉しいですね^^
セルも二年後には兄貴達に追いついてくれるでしょう。こちらは長い目で見守っていくつもりです。

ササファイヤーの方は同伴したハープ持ちの友人が最優先で行くそうです。
ハーツ産駒は緩さの緩和や成長速度を速めるために配合も大事なのですが、芝の大物を出すとしたらこの馬のような馬体のタイプですね。本格化まで時間が掛かるのがネックでもありますが^^;
しかしホントに様子見不可は社台だけで十分です(==;)

シルクもぜひぜひお待ちしておりますよ~^^
今年もトップ層はキャロと大差なさそうですが、アベレージは断然シルクだと思いますね。
2014/09/14(日) 11:49:34 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。