管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
つながった
2014年09月10日 (水) | 編集 |
「つないだよ。よかった。嬉しいでしょ?俺も使命を果たせて嬉しいし、この馬がファインセラの最後の仔とも聞いていたから、何とかしなきゃと思ってたいたので本当に嬉しいです。正直トモがクタクタしてたし、前走よりは状態も落ちるなと思っていたんです。苦しい場面もありましたが、気合いで凌ぎました。意地の張り合いですね。馬もよく頑張ってくれました。誉めてあげてください。これで時間もかけてあげられるし、成長した姿が楽しみですね」(蛯名騎手)

泣かすなよ…蛯名のくせに……。

という事でセルバンテス未勝利脱出です!

道中は後方で脚を溜め、4角から徐々に進出。
直線では両サイドが狭くなるシーンもありましたが、最後は執念ですね。
絶対に譲らない。負けられない。次なんてないんだ。という強い気持ちと覚悟がセルにも通じたように見えました。
満身創痍だったろうに、良く頑張ってくれました。

僕はプロ野球は普段見ないのですが、甲子園は良く見ます。
勝ち負けに関係なく、純粋に競馬を楽しんでいた頃は完成された古馬のレース以上にダービーや桜花賞の鬼気迫る攻防に熱くなったものです。
負けたら終わり、一度きりのチャンスの中で行われる真剣勝負というのは、格式や舞台に関係なく本物の熱さがそこに在るのです。
競馬に限らずスポーツの醍醐味は本来そういう所にあると思っています。
そんな真剣勝負の中を勝ち抜いた経験は今後セルの大きな糧となるでしょう。

この後は遅めの夏休み。
そしてまた新たなスタートが待っています。

これからも頼むぞ、セルバンテス!
よくやった!!





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます!!
ティアさん、おはようございます。また、ご無沙汰しております。
ブライトの重賞制覇、セルの未勝利勝ち、おめでとうございます!!どちらもこの季節に素晴らしい勝利で、これからが楽しみですね。
私的にも今年のキャロはイマイチ盛り上らず…あまり考えずに3頭選びました。
最優先 リッチダンサー
一般 クイックリトルミス
キューティゴールド
でも×なしなので…さすがにリッチダンサーは無理でしょうね!?一般の2頭は人気なさそうですから大丈夫そう!?本家(サンデー・G1)3頭(リビア・ジェシカ・バブリー)が関東なので、当初は関西から選ぶつもりだったのですが…何故かまた関東馬(笑)おまけに厩舎無視!?…後は様子見で福がいた!?と思えたらポチるスタンスで13年産は終了の予定です。
2014/09/11(木) 09:04:40 | URL | ヨージ #iEy5E982[ 編集]
初めまして。
初めましてティアさん。いつも楽しくブログ拝見しています。
セルバンテスの勝利、格別に嬉しいですね。
この時期の未勝利戦は本当に毎年ハラハラしてしまいます。
私は現在キャロのみですがあまりにもモンスタークラブになったため
今回のドラフトの結果如何ではもう一つクラブを増やす事を検討しています。シルクか社台・サンデー・G1を検討していますのでそこでもティアさんとご一緒できるかもしれませんね。
また遊びに来ますので今後ともよろしくお願いします。
2014/09/12(金) 19:42:42 | URL | エルクラシコ #-[ 編集]
ヨージさんへ
ヨージさん、おはようございます。
11産は期待に対してあまりに不調でどうしようかと思いました^^;
一方で抽選落ちのマルシェとフローレスの活躍にまたか・・・と頭を抱えていた矢先の戴冠。本当に救われました笑。12年産はあまり自信がなかったのに、わからないモノですね。

そんな節穴ですので信憑性はありませんが笑、リッチダンサーは確実に良いと思います。
骨格が良いのでここから変わってくるはず。
全体のレベルを考慮するとバツを取りに行く作戦もアリですし(バツイチ持ってなければそうしてました)ナイスな選択だと思います。

シルクのプルーヴダモールのように坂路動画で買える残り福もいると思うのですが、キャロはそれさえも許して貰えないのが困りものですね(ーー;)

それにどうやら、今年はサンデーの年っぽいんですよね(・∀・;)
2014/09/13(土) 08:23:29 | URL | ティア  #-[ 編集]
エルクラシコさんへ
はじめまして、エルクラシコさん。いつもご来訪ありがとうございます。
出資者からすれば早く勝つにこした事はないのですが、昨年のキングスクルーザー然り、劇的ですよね。
今回も満身創痍の中ガチンコ勝負を勝ち抜いた根性に感動してしまいました。
仮に素質があったとしても、人に走れと言われて走っている馬は競走馬として大成できません。最後蛯名騎手の叱咤に応えたのは彼自身が強い心を秘めていた故なのでしょう。
このまま無事に、心身共に優れた競走馬へと成長して貰いたいものです。

キャロットは近年目立ち過ぎましたね^^;
牧場でもシルクへの意気込みを聞かされますし、この先数年は良駒が回ってくるのではと予想しています。
僕もそれを踏まえて少し多めに購入してきたのですが、ご新規さんでもお金さえ出せば好きな馬を買えますので笑。
機会があれば是非ご一緒したく思います。

毎度しょうもない事ばかり書いてますが、今後とも宜しくお願い致しますね笑。
2014/09/14(日) 12:26:41 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する