管理人ティアの一口馬主生活&各クラブ馬診断。競走馬をより深く理解する事が目的です!    ※記事の引用、および画像の転載は各クラブより許可を得た上で行っております。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抽選結果
2014年09月20日 (土) | 編集 |
ラドラーダ→○
モンローブロンド→×

で確定しました。
ラドラーダ出資者の方々、宜しくお願いします!

モンローブロンドご一緒出来なかった方はゴメンナサイ。
心の愛馬として応援だけはさせて頂きます。
この馬走ると思いますよー^^

ひとまずご報告でした。

※皆様へのお返事と追記分は日曜日にまとめて書かせて頂きます。

(以下、追記分です)

それではラドラーダ13出資までのご説明。

最初に懸念材料から。
この一族は初子の成績が悪いです。馬体が小さい、体質が弱い、そもそも出来がよろしくない。といった原因が主かと思われますが、データ上いきなり母の最高傑作が飛び出すとは考えづらい。

次に馬体面では首と脚が短めで、コパノリチャードに近いタイプ。よって関東圏では東京コースへの適性が疑問で、距離も将来的にはマイル未満に限定されるかもしれない。
後述のエクセレントカーヴ、ラタフィア、更にはブラックヒルでさえ首差しはもう少し細長く、東京や新潟でもある程度はこなせていた。血統は違えどカナロアもそう。
競馬は相手があっての事なので、上を目指すなら適正の見極めと方針設定は徹底して頂きたい。

そしてダメジャー配合の成功の秘訣はノーザンダンサー&サーゲイロード+ナスキロで構成されていること。
サーゲイロードの部分をカーリアンやゴーンウエストに置き換えても構いませんが、要はダメジャーらしさを残しつつ、しなやかさを出したいって部分は共通しています。
ラドラーダはアルザオとシアトルスルー持ち。エクセラントカーヴと近いタイプの組合せ。
肉質感が少し硬めなところも共通しているが、マイル未満やダートが主戦場であれば、それも問題無しと見る。

総評→晩成寄りの傾向があるので、最終目標はスプリンターズS、高松宮記念かダート。
流石にクラシックはなさそうだが、師が東京やマイル以上の距離に拘ると悲惨な事になりそう。その時は何が馬優先主義だホラ吹き野郎!と罵ってあげましょう。
ラドラーダとはタイプが異なる。レディブロンドの馬体を探しても見つからなかったのだが、おそらく祖母似なのだろう。

と、ここまでは多くの人が辿り着く結論だと思うので、今日はもう少し掘り下げてご説明。


冒頭の体質や繁殖のポテンシャルについて。
懸念を払拭する材料として取り上げたいのが同じく初仔で近親のグランアルマダ(レディスキッパーの12・9月測尺体高158cm、胸囲177cm、管囲22.2cm)です。
僕は彼のことを好馬体・好配合として高く評価しておりまして、近い将来必ず勝ち上がるだろうと予想していました(先週勝ちました)。

初子でも体がしっかりしていれば健康面に問題がない事は彼が証明してくれましたし、この一族は母の競争能力がそのまま繁殖としての能力に直結するタイプだと思うのです。
ですから、シンクリ牝馬でありながら重賞級のポテンシャルを秘めていたラドラーダは繁殖としても大きな期待が持てる。
現役時代の後半は尻すぼみでしたが、潜在的な能力はあんなものじゃなかったと推測。
あとはシンクリと相性の良い種牡馬をあてがうだけ。
(レディスキッパーの初仔が勝ち上がれるなら、ラドラーダは少なくともそれ以上が見込める)

レディスキッパーとラドラーダの大きな相違点はノーザンダンサーが薄くなった代わりに、シンクリを挟んだ事で上記のシアトルスルーニックスとクリムゾンサタンのクロスが作られる。という点です。
これにより、ダメジャーの持つスカーレットインクを刺激しつつ教科書どおりの成功パターンをしっかりと抑えている。
出来ればもう一本NDが欲しかったですが、グッドな構成には違いないでしょう。
少しスプリント寄りに出るかもしれませんが、そこは馬体とマッチングしているので寧ろ好都合と見ています。
(アルマダの方が脚は長く、ストライドが伸びます。その為、中距離にも対応しています)

そこを踏まえた上で脚の回転や関節の可動域、柔軟性といった部分には重点的に確認を行いました。中山や中京でちゃんと活躍できそうか?そして問題無いと判断。
アルマダとの比較で予測すると、13も500キロ前後で競馬に行けるのではないでしょうか。

この厩舎ですから主戦は北村宏か外国人騎手ということになるでしょう。
おそらくそういった面々とは手が合うはずなので、本当に番組選択さえ間違わなければ…という感じですね。
親子三代に渡って管理していた経験をフルに活かして欲しいと切に願います。

※この血統であればキンカメやスペシャルウィークを付けてダートの頂点を狙う。という方針でも良いですよね。芝ならハーツとか。
いずれにせよSS系の有力種牡馬と配合できるのは大きな強みだと思います。
ラドラーダは来年以降も積極的に狙っていきたい繁殖ですね。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お返事ありがとうございます。
ラドラーダ当選おめでとうございます。
私は最優先ラドラーダ
一般モンロー、マイティー、ガヴィオラ、ムービング
全て落選の全滅でしたw大方の予想通りですが凹みました。
当初の予定では400口と40口のクラブ一つずつの
スマートな経営を目指していましたが
ティアさんの40口は本当に欲しい馬が居た時に突撃しては?
というアドバイスに納得させられてしまいました。
G1の残っている馬も募集の最初からその馬を選ぶかと問われれば
答えはNOだと(^_^;)
仰る通り今年のシルクは脚が持てば期待できる馬が数頭いますし
キャロがあんな状態ですから100口のクラブをもう一つ増やすのも
アリだと思います。相談に乗っていただいてありがとうございます。
偶然にも一緒に突撃したラドラーダとモンローはご一緒できなかったですが、シルクでは御縁があると嬉しいです(^^)
2014/09/20(土) 15:33:10 | URL | エルクラシコ #-[ 編集]
ラドラーダ当選おめでとうございます
ティアさん、遅くなりましたが、ブライトエンブレムおめでとうございます! 強い競馬でしたね♪
私は最終日の票読みでリッチダンサーが順調に票を伸ばす一方、モンローブロンドがランクインしてきて、迷った末モンローブロンド最優先にして確定しました。
ティアさんとご一緒できず、さびしいですが・・・
今でもリッチダンサーは募集価格以上というか大仕事をやってのける器だと思いますが、バツなしでは^^;
2014/09/21(日) 12:54:34 | URL | あほ太郎 #-[ 編集]
祝祝
モンローブロンド13は残念でしたが、ラドラーダ13出資確定おめでとうございます。
そして、本当に遅くなっちゃいましたがブライトエンブレムおめでとうございます!
札幌の重賞を愛馬が勝つのは道民である私の夢の一つなので、本当に羨ましいです。
うちは今年はハーツクライ産駒にいったので、ティアさんとご一緒できないかなと
実はちょっと期待してたんですよね(笑)
ご一緒はできなかったけど、お互い愛馬の活躍を期待しましょう♪
2014/09/21(日) 20:31:49 | URL | じゃす #wZn0fcHk[ 編集]
エルクラシコさんへ
キャロットの抽選会、えげつないですよね^^;
一般で書かれた馬は皆、三年ほど前までは無抽選で買えてもおかしくなかったのですが…。
クラブやノーザンからすれば笑いが止まらない状況でしょうけれど、我々は真剣に付き合い方を考える必要がありそうですね。
このままではやがて馬に投資しているのかクラブに会費を払うのが目的なのか解らなくなりそうです。

出過ぎた真似をしてしまったかもしれませんが、ご納得のいく決断をされる事を願っています。
もしシルクまでお越しになられる際は、是非とも宜しくお願いします。
今年は一身上の都合により結構な額をつぎ込むことになりそうなので、ご一緒できる機会もあるやもしれません^^
2014/09/21(日) 22:10:50 | URL | ティア  #-[ 編集]
あほ太郎さんへ
ありがとうございます^^
この世代はあまり自信がなかったので、早々に重賞を獲れてホッとしています。
特に可能性があるとすれば、ブライトだろうと見ていましたので。

最後の票の伸び方から察するに、一般枠では相当厳しかったのでしょう。
それでも承知の上で賭けに行ったので結果には後悔していませんが、お仲間さんとご一緒出来なかったのは残念に思っています。

今後は人気馬は皆バツ持ちが前提になりそうですよね。
数年前のドラフトが懐かしく感じます(==;)
2014/09/21(日) 22:36:10 | URL | ティア  #-[ 編集]
じゃすさんへ
めでたく重賞制覇&最優先GETとなりました。ありがとうございます^^
じゃすさんも先週はお見事でした。力が抜けてますね。
今回はあのような条件でしたが、本来グレナのベスト条件は14~17の小回りコース良馬場に限ると確信しています。
ですので、エルムSなんかはまさにうってつけだと思うんです。
OPまではノンストップで行ける力を持ってますし、将来何度か走る機会もあるのではないでしょうか?
予算の都合で断念してしまったのですが、個人的にはこの馬でご一緒したかった位です(・∀・)

ササファイヤーは友人が最優先で行ったらしいので気が向いたら応援するつもりでしたが、ちゃんと毎回応援させて頂く事にしますね笑。
2014/09/21(日) 22:45:43 | URL | ティア  #-[ 編集]
ティアさん、こんばんは。
夜分にすみません。ラドラーダ確定おめでとうございます!!
私の抽選結果は…
最優先 リッチダンサー キャンセル待ち27番
一般 クイックリトルミス ○
キューティゴールド ○
でした。
間違ってたら…ごめんなさい(^^;スーパー未勝利勝ち、エーデルグランツはティアさんの出資馬でしたよね!?おめでとうございます!!今後、出世の期待できる素質馬で…これからも楽しみですねー♪
2014/09/22(月) 01:08:06 | URL | ヨージ #iEy5E982[ 編集]
お久しぶりです
ティアさん、ラドラーダ当選とブライトエンブレムの優勝おめでとうございます^^
ますますティア厩舎勢いづきますね!

自分の方は、東京TCでディソサード13
キャロットCで、シーザリオの13とレディドーヴィルの13へ出資することが決まりました。
正直に言うと、期待大きいですが、不安の方がもっと大きいという出資体制となりました(汗)

2014/09/22(月) 23:47:39 | URL | KEN #-[ 編集]
ラドラーダ当選&ブライトエンブレムおめでとうございます!
ブライトエンブレムは新馬も快勝したのにオッズ的にもおいしかったですね♪

自分の方は、ミストラルがそろそろ移動するかもということで、愛馬を見に北海道にいってて先ほど帰ってきました♪
インコグニートの13もミストラルもとても順調そうでした。(インコグニートの13はまだ子供だから?血統的?多少ちゃかちゃかしてましたが、、、)

そして、帰って来てびっくり!「Thoroughbred」8月号にあったクオカードプレゼントをメイダン観戦記念に応募してみたら見事ジェンティルドンナ当選してました(^o^)
ディソールの仔に向けて抽選運を鍛えたいです(笑)
2014/09/24(水) 01:12:25 | URL | スズカ #-[ 編集]
ヨージさんへ
ヨージさん、ありがとうございます!
アルマダもダノンメジャーも初仔ながら頑張っています。
ダメジャー産駒は体質や骨格が強いので初仔のデメリットが生じにくいのかもしれませんね。

僕もアヴニールマルシェのキャンセル番号が10番台後半で驚いたのですが、まだ後ろがあるのですね^^;
しかしリトルミスを一般でゲットとは美味しいですね^^
どこかで大物を出す繁殖と見ているので、馬体にも見所のある13には期待しています。

仰る通りエーデルグランツは私の愛馬でございます笑。
古馬になって強い筋肉が付いてからが本番だと思いますので、無事勝ち上がってくれて本当に嬉しいです(≧▽≦)
セルバンテスとどちらが出世するか…今後の大きな楽しみですね。
2014/09/25(木) 11:39:45 | URL | ティア  #-[ 編集]
KENさんへ
KENさん、お祝いありがとうございます。
下手な鉄砲もなんとやら…ですね笑。
なかなか思い通りのドラフトにはならないものですが、今年は最低限の走りを見せてくれましたからね。
この調子で更に上昇できればと思っています。

KENさん厩舎は一発長打がありそうなラインナップですね!
特にシーザリオ。高いポテンシャルに加えて道悪の鬼だと思うんです彼。
皐月賞がゴールドシップの年みたく荒れでもすれば、相当チャンスなのでは?
レディドーヴィルも人気の盲点になっているようですが、馬体も見所ありますし結構面白そうですよね^^
2014/09/25(木) 11:57:47 | URL | ティア  #-[ 編集]
スズカさんへ
スズカさん、ありがとうございます。
そしてクオカードおめでとうございます(*^ー^)ノ♪

二歳戦だけあって、他にも派手な勝ち方してきた馬が多かったですしね。上手いこと分散してくれたようです。
人気なんて無いに越したことないので、次も休み明けが嫌われて対抗格程度に軽視されたい所です笑。
ミストラルは厄介なライバルになりそうですから、僕も動向をチェックしておりますよ^^
正直、朝日杯が終わるまでは戦いたくないですねー(・∀・)

インコグニートの子は気性が荒い印象を受けるので上手にコミュニケーションを図って貰いたいです。
カグニザントの時は若干失敗した感がするものの、あの気性がプラスの方向に向けばきっと大きな武器になると思うんですよね。

2014/09/25(木) 12:19:16 | URL | ティア  #-[ 編集]
ぽんたさんへ
お返事遅くなって申し訳ありません。
度重なる輸送による疲労で熱発してしまいました^^;

だからという訳ではありませんが、程度の差はあれど何度も輸送させられて負担が無いはずありませんよね。
同厩だろうが大物馬主が相手だろうが一頭一頭に対して真摯に向き合う姿勢を放棄すれば、必ずツケが回ってきます。問題なのは目先の一戦ではなく、その先です。
こんな事を続けている限り本来勝てるものも勝てなくなりますし、先週の結果もやはり必然なのだと思います。
その他概ね同意です。仰る通りですね。ふざけるなと。

ちなみに僕の方は飼い葉を食べてくれなかったようです。
師が言うには調教後にノリさんから既に下降気味であると指摘されていたようですが。先述の誤算もあいまってあのような状態になってしまったらしく…。
ただ、立て直しには自信がおありのようですので、ご本人の言葉を信じるしかありません。
思えば青葉賞のパドックでも下痢してたので、元々が輸送を苦手にしているのかもしれませんね。

ラングレー。本当に今週走らせるのですね。
普通の状態で普通に走れば確勝級のメンバーです。単に三勝目を挙げることが目的なら適性上まだしもなんですが・・・こうなると素直に応援して良いものか悩ましいですね(==;)

もう気休めにもならないでしょうけれど、セントライトの掲示板組は全員が将来重賞を勝てる器だと思いました。
イスラ、トゥザ、オンリーの下は混戦で展開や条件でコロコロ着順が変わるのでしょう。
ダービー馬が不在なら、菊花賞は立ち回り次第で数%は勝ち目があるのかな…等と考えています。
まぁ、なんにせよヴォルシェーブとトゥザ以外の池江勢には意地でも負けたくないです。

最後に、ラドラーダも本当は14年産のキンカメ牡馬が欲しかったんですけどねw
ただ、今日のG1を見てもわかるように昨今のスプリント路線はひどく低迷中の上、トゥザ兄弟のように相手のレベルによってデキ(僕にはそう見えます)と成績がひっくり返ることもあると学んだので、あわよくばという感じですね。

昨年はシルクのネオが当たり年でしたが、今年はシルクに限らずダメジャーの牡馬が期待できそうです^^
2014/10/06(月) 01:55:05 | URL | ティア  #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。